ねこといぬとDIY。

総勢11匹の日常とねこの幸せDIY。

第12話 流木キャットウォーク!:おうちに帰るとねこが出迎えてくれます。

大変です。

寒いです。

ここ静岡ですよ。

まだギリ11月なのになんなんですかこの寒さ。

でも富士山は雪化粧に限ります。

 

仕事終わって帰ってきてちょっとサンダーかけようとか色塗ろうとか

全く思えないくらい寒い。しかも天気悪いし。

 

皆さん、体調管理には十分注意してください。

YUCHIはちょっと風邪気味ですから。

 

はい。

そんなわけでこのところあれが忙しくて・・・

 

Googleアドセンス

 

いやちょっとマジで全く審査通りません。 

あまりに通らないのでもう無視してブログを更新し続けようと決めました。

なので過去制作物とまた今日から作成に入ったキッチン棚の両方をなるはやでお届けします。

ということで

 

きょうのお題目

タイトル:流木キャットウォーク

材料サイズ

各種流木、12㎝野地板、端材

流木はとにかくこれだって思えるものが見つかるまではひたすら捜索です。去年はかなり探してストックをしておいたのですがここでようやくイメージに近いものができました。

野地板はちらっとうつってる壁面に使います。今回は12㎝幅を使用。ホワイトウッドと比べると反りが酷かったり表面がささくれだったりと手間がかかるのですが逆にサンダーをかけたときの表面の仕上がりと染めた時の色合いが好きなのでこれがお気に入りです。まあ、いちばんはやっぱりコストです。

工程1:下地処理、カット

いつものように使用する部材の下地処理から始めます。

今回は一応リニューアルになるのですがけっこうたくさんの板を使うのでとりあえず2束用意しました。

ひたすらサンダーで処理します。今回の板木目がすごく好きです。ちょっと赤みがかったところと節の茶色、でふちっこの白っぽいところ。いやーこの束当たりです。

余談ですがこのサンダー掛けの最中に初めて買ったブラックデッカーのミニサンダーがお亡くなりになりました。

『がきききききんん』

という音とともにモーター、内部の振動させる部品が砕けました。必死の蘇生活動もむなしく帰らぬ人となりました。

ありがとう、ミニサンダー。

こんにちは、カインズPBのサンダー。

いままでこのサンダーの効率の悪さに悩まされていたのである意味今回の別れがいいきっかけになりました。やっぱ早いです。この工程は手間がかかる上にできるだけとっとと終わらせたいので少しバージョンアップできました。前のやつは替えのペーパーもカインズに売ってなかったという困りものだったので。

で!ひたすら削ってそのあとはまた塗装。今回もスチールウールでいきました。

こんな感じです。

作業場はウッドデッキでやるのですが今回のはちょっと数が多いってことで駐車場を使って一気にやりました。ウチの外壁はこんな感じでいつも塗装後立て掛けられているのでいろんな色がついてます。

工程2:壁面はりかえ

引っ越した当初、まだ初DIYで作ったのがこれ。

シンプルですがまあ、うん。頑張った。

で、今回はこの途中まで張ったところ以外も張り直しです。

さっき作った板をひたすらカットしながら張っていきます。

こういう作業は完全に現場合わせ。ある程度の寸法を測っては裏にいって板をカット、カットしたらふちを塗装して打ち付け。でまた寸法測っての繰り返しです。

壁を張りながら流木のパーツや位置を考えながら進めていきます。なぜかっていうとですね・・・

早く出来上がりのイメージが見たいからです!

途中でこうやってアクセントをつけるとテンション上がりませんか?やっぱりこの出来上がってくるワクワク感とちょっと我慢できなくて先走るのもDIYの楽しみ方じゃないですかね。

 

ちなみに直接板を張り付けるので下地探しを使っての梁の位置だし。

正直この作業ってあまり上達しないんです。叩いた時の音でここだって思うところに針ぶっさすのですがこれがまたよくはずすんです。

今回みたいに全面板を張ってしまうところは問題ないのですが梁を探して縦に板を入れるときなんかはもう少し正確にできるようにならないとだめですね。

最終的に何とか板を張り終えていくつか流木をセットしました。

ここまでで一日半くらいの作業時間だとおもいます。

この日もここで終了です。おなか減りますし。

工程3:流木配置

さあ最終工程です。これがなかなか一番大変です。

でも一番楽しい作業。いままでにああしよう、こうしようって考えながらずっと砂浜から探してきた流木たちを取り付けていきます。

で、流木なんですがこれも下処理をしてます。ねこが絶対かじる、爪研ぐので変なばい菌とかそもそも虫とかいたら非常によろしくないので・・・

昔は熱湯煮沸消毒してました。

でも今回のとか正直そんな大きさじゃないのでまずは天日干しした後でシングルバーナーであぶる。その次に金属ブラシでこする。

最後にもう一回焦げない程度にバーナーであぶって乾かす。

そんなこんなしておきます。

次に取り付けの位置決めと取付方法を決めます。何種類かL字を用意して目立つところは真鍮製のものを使いました。流木と真鍮ってすごくデザインがマッチすると思うんです。それを上向きとか下向きとか考えながらなるべく見えないように流木が思った角度になるように設定しました。

この部分に関しては正直感覚です笑。

全部現場合わせなんで。

完成

じゃん。

じゃじゃん。

窓には流木で作ったはしごもつけてみました。

金具がそのまま見えないようにカバーとしての流木もつけてみました。個人的にはいい感じです。

これでみんながいっぱい乗ってきてくれたらうれしいなあと思いながら・・・

不思議そうに見上げるがんもと

ししとうとそらまめ。

さっそく集まってきて興味津々でした。

いやーよかった。

今回はここまでです。

この流木のキャットウォークはやっぱり一番のお気に入りです。

これ他に欲しいって人いるのかな・・・

 

きょうのにゃんこ

がんもさん

ささみはま~~って鳴きます。

時計回りでごましお、そぼろ、ししとう

ごましおさん

 

 


ペット・動物との暮らしランキング

第11話 ねこBOX!これたまらん!

はやいものでもう11月。

f:id:donkilovsurf:20191114220505j:image

先月まで台風がーとか言ってたのにもう11月ですよまったく。むかしは台風といえば夏のイメージだったのにだんだん台風のメインが9月になってきて気がついたら10月が台風のピークみたいな感じで…

 

どうも、YUCHIです。

 

11月なのに昼間暑くてエアコンつけるとかちょっと意味わからないと思いませんか?

この時期になると御殿場高原時之栖リゾートでイルミネーションがはじまってHACHIと必ず行くんですが、出会った頃は相当な防寒対策して行ってたのに最近じゃあ上着パーカーとかでいいんじゃないってくらいライトになってます。

f:id:donkilovsurf:20191114232700j:image

去年はつくねがデビューしました。

 

まあ明日から冷え込むって事らしいのでそれもまたアレですけど…

 

で最近オペレーションおしっこタワーも検証期間に入り2階のトイレも変更しようかと思ってBOXを作っていたのですが…

 

ステップをつけたらトイレ用のコンテナの出し入れができなくなりまして…

急遽このBOXはねこBOXとして企画、立案されたものとなりました。

f:id:donkilovsurf:20191114225319j:image

はい。DIYにはよくある事です。

それでははりきってどうぞ。

 

きょうのお題目

みんな大好き:ねこBOXをつくる!

 

2階のパソコンラックの横にすっぽり収まるねこBOXを作って更なるクオリティネコライフの向上を図る。(トイレじゃないからね。)

 

材料:ホワイトウッド垂木と野地板で簡単。

枠・ホワイトウッド垂木61×4本  54×4本 コロ×4個

 ・野地板9×60  17枚   野地板22×60  2枚

ハンモック・100均のマルチマット40×70  2枚

工程1:BOXとなる枠をつくる。 

f:id:donkilovsurf:20191114231008j:image

今回は垂木を使います。それぞれサイズにカット、エイジング塗装をして乾かします。

当然ですがしっかりサンディングして表面処理。ザラザラはねこが嫌がります。
f:id:donkilovsurf:20191114231004j:image

それらを四角に接合します。

やっぱり壁を使っての作業が今のところ正確です。

工程2:野地板のサンディング、塗装。

次に壁となる部材をカット、サンディング、塗装までしちゃいます。

f:id:donkilovsurf:20191114231527j:image

この辺りの作業は毎回同じなのでとにかく精度高くかつ手っ取り早く終わらせます。

ただ今回も現場合わせの予定なのでとりあえず13枚処理しました。足りなければストックを切り出します。

工程3:ジグソーで窓を開ける。←New! 

はい、この工程今まであまりやりたくなかったので避けてきたものです。でもねこの遊び場といえばトンネルは必須。仕方がないのでやります。

コツその1

f:id:donkilovsurf:20191114231927j:image

ジグソーの目標点として円をカットする時は自分は4点にドリルで穴を開けます。
f:id:donkilovsurf:20191114231938j:image

やっぱり熟練になるまでは円ではなく1/4の弧で切っていった方が仕上がりが良いと思います。
f:id:donkilovsurf:20191114231930j:image

こんな感じです。

コツその2

f:id:donkilovsurf:20191114231934j:image

改めてペーパーがけしてツルツルにします。

この穴はねこの体が擦れるところなのでガサガサだと良くないです。

そぼろとか絶対引っかかります。
f:id:donkilovsurf:20191114231923j:image

で改めてこれらもエイジング塗装して乾かし中。

 

今回イヤイヤはじめたので道具がなくて…

コンパスなんてないんですよ、一般家庭には。

てことで木片の両端と中央にビス打って真ん中固定でガリガリ削って円を描くという荒技に…

 

はい。明日コンパス買ってきます。

次から頑張ります。

工程4:組立。 

いつも思うのですがこの組立の工程が1番ワクワクするんですよ。今までただの部材だったものがここで急に形を持つんですよ。なんか凄くないですか?

f:id:donkilovsurf:20191114233240j:image

このワクワクがあるからその前のかったるい下地処理なんかもなんとかやれるんですよね。
f:id:donkilovsurf:20191114233237j:image

でとりあえず前後とステップをつけて
f:id:donkilovsurf:20191114233247j:image

そこからコロも取付して
f:id:donkilovsurf:20191114233245j:image

一旦完成。

横の板がまだ乾いてないのでちょっとお休みです。

工程5:ハンモックをつくる。

このBOXを収めるラックの上に数日前に増設したハンモックが2つあって連日満員御礼。

f:id:donkilovsurf:20191114233744j:image

www.yuchi-hachi.work

て事でハンモックの作り方です。

既製品はオシャレで立派なものがいくつもあります。でも「高い!」んです。すぐ2000円とかするのでいくつもつけるとそれだけで諭吉さんが離れていきます。

でもこの作り方なら最初にカシメとハトメと紐買ってきたらあとは布だけ。100均に行けばいくらでもいろんな柄が選べる。て事でさっそくハンモックの製作方法です。

f:id:donkilovsurf:20191114234246j:image

画像の通り、簡単に説明します。

1.ドリルなどで四隅に穴を開ける。

布なのでドリルを巻き込んたりします。一緒に指を巻き込まれると何気に脱臼とか骨折とかするので注意してください。穴が開けばやりやすいもので。

2.貫通した穴にハトメをはめてカシメでギュッとします。

コレもとりあえずは100均で売ってます。何かの機会にホームセンターでも探してみます。

f:id:donkilovsurf:20191114235129j:image

3.紐を通します。

個人的に麻が好きなので麻紐使ってますがねこさんたちが噛んだりしたら切れます。そして麻紐は唾液が染み込んで匂いがつきやすい為かじられることも多いのでマメに取り替えてください。白が嫌じゃなければナイロン製が耐荷重、耐久性共にあってオススメします。

4.取付けます。

取付は額縁をぶら下げる時に使う三角のスイベルがついた金具が100均のセリアで6個入が売っていたのでそれとかオススメです。ホームセンターは高いです。あとはU字釘なんかでも簡単です。

 

であとはバランスよく取り付けてください。

映えを狙う時はホントにバランスが大事です。

 

工程6:組立その2

側面は内側から止めます。

f:id:donkilovsurf:20191114235315j:image

ほら、すっぽり。
f:id:donkilovsurf:20191114235319j:image

完成

て事であとはハンモックを取り付けて完成です。

f:id:donkilovsurf:20191115003333j:image

そぼろさんは1日の大半をどこかのハンモックですごしているようです。

まさにハンモックマイスター。
f:id:donkilovsurf:20191115003338j:image

きょうのにゃんこ

f:id:donkilovsurf:20191115003539j:image

ごましおさん
f:id:donkilovsurf:20191115003542j:image

だいふくさん
f:id:donkilovsurf:20191115003545j:image

もずくさんとけつまくら。 

 

 


ペット・動物との暮らしランキング

 

 

 

 

第10話 作ったもの回想記:机にあわせたベンチを!

「速報」2020年の桜を見る会は中止となりました。

 

日本といえばサクラ、サクラといえば安倍総理
2019年予算約1766万に対して費用約5518万。
自分もこんな会社の社員だったら素晴らしい企画やレセプションを・・・

はい。たまには時事ネタを盛り込んでのDIYerYUCHIです。
 
これを書いているまさに今。Googleアドセンスの審査をしているところです。
とりあえずこの三日間、この審査準備のおかげで3時間も寝てません!
まるで受験勉強か朝までドラクエにはまったかのような感覚。
それなのにやっと審査にはいったうれしさからせっせとブログ更新してます。
 
なんだか自分で目標を持つって楽しいんですよね。
わかる?そぼろさん?
今回は机と一緒にこのウチきてからずっと使ってるベンチたちを紹介します。
最初に紹介するのはこれ、BARカウンター作った後くらいになんか学校の工作みたいなノリでとりあえずベンチ作ってみようぜ!で作ってみました。
同じもの二つ、どこにどう使おうとか一切なく形の残るものを作りたいっていうただそれだけでしたね。
サイズはざっくりですが103w×38h×42hです。(横幅最大×ベンチ高×背もたれ高)
 
 
2年前に作ってインスタの背景以外にはあまり使い道のなかったベンチたちですが現在はキッチンの台と作業場のベンチとしてなんだかんだ現役で頑張ってくれてます。
 
これらも板はペントンカラーのオレンジ(廃盤)とイエローで塗装、足はアサヒペンのオイルステインマホガニーで塗ってあります。 

ベンチその2:座椅子×2

ここからは前回のでかいテーブルに合わせて個別の座椅子2個、ロングベンチのセットを作りました。

材料:サイズ 2個作ったので倍です。

・背もたれ:61×12野地板 5枚 ・座席:2×4ホワイトウッド61×9 3本

・足部分:角度をつけた1×4ホワイトウッド56 2本 上:垂木11×1本

ベース:2×4で9→5で斜めカット46㎝  足は二組作ります。

足部分のつくりをネットで見て作ってみたいと思ったのがきっかけです。足は焼いて色付け、あとやっぱりベンチや背もたれ部分がオイルフィニッシュになっているのが好きなんでこのデザイン、色合いになりました。これはブライワックスとパントンカラーズのオレンジです。

基本簡単な作りです。でも二年間毎日使ってて一度折れただけでなかなかの耐久性です。なので次に作るときはボルトを貫通させて定期的に締める形でもう少し耐久性を上げられたらと思います。

ベンチセット:ロングベンチ

材料:サイズ BARカウンターの天板がここで活きる!

・2×4ホワイトウッド183×4 ・野地板12×183 5枚

・足部分:角度をつけた1×4ホワイトウッド70 2本 上:2×4で23㎝ 1本

ベース:2×4で9→5で斜めカット50㎝  足は三組作ります。

天板は以前にBARカウンターに使ったものを流用。

この板もものすごく気に入っている板です。

こちらもカラーは同様にブライワックスと焼きで木目を強調、特に一度焼いてから軽く削ってそこからワックス。元の板に塗料を垂らしてから塗ったりしてアンティーク感も出してみてけっこう気に入ってる塗装です。この青い板のワンポイントが自分的にすごくアリなんです。左がそらまめでとなりがみりんです。早速座り心地を試しにきてます。ここで一つ反省点。

ロングベンチの足なんですがベースのバランスが天板の重さを考えていなかったので二人で座ってもたれると一瞬後ろに倒れます。

次に作るときは背もたれから25㎝くらいサポーターとしてださないといけないです。まあ今回は壁側に置く予定で作ったからそのまま壁に押し当てて問題ないのですが後ろに空間があると事故が起きます。

完成

どうしてもクッションやら置かないとおケツは痛くなるのでそこは残念なんですが今度はカインズの低反発クッションをそのまま置けるサイズで作ってみようと思ってます。

そうしたらもっと感じがよくなるかもです。

 

きょうのにゃんこ

くつろぐがんも。この頃はまだがんちゃんハウスがある時代。

外に出てくつろいでる姿がうれしかった。

セクシーがんも。小泉議員もビックリのセクシーっぷり。

もずくさん。

 

たそがれのみりん。

 

 


ペット・動物との暮らしランキング

第9話 2019GWとYUCHI

「サービス業の方、ありがとう」

 

連休って皆さん 当たり前に休めるものだって思っていませんか?

皆さんがお休みして遊びに行ってごはんに行って。

その時に働いている人がいるって知ってますか?

ドッグランで走り回ってるつくねはおそらく知らないです。

 

どうもYUCHIです。

 

そろそろ大型連休ロスから回復してる頃でしょうか。

実はわたし大学でてから20うん年間、ずっと小売業しておりまして
GWなんてものは見たことも聞いたこともなかったんです。
 
ただの「稼ぎ時」であり自分には関係ないものだと本気で思ってました。
 
今回まさかのGWが10連休になるなんて正直休みがありすぎて戸惑ってます。
まとまった休みがあったらあれやりたいっていろいろ考えていたのですが
 
実際に休みがあるとは思ってなかったのでここぞとばかりにDIYしてました。
でもずっと更新をサボっていたのはヒミツです。
 
きょうのお題

GWでDIY:DAY1 ウッドデッキの補強

で初日は何からはじめようかと思ってましたが…
ウッドデッキの床板が腐ってる。
コレ直さないと作業中そのうちケガするよね。
 
って事で前回解体した玄関の使えそうな廃材。
コイツらを貼り直して補強をすることにしました。

コレはじめにやっといてホントに良かった。
作業の安定性が大幅に向上しました。
 

GWでDIY:DAY2 連休のメニュー。

初日にしっかり足場を補強して

作業スペースが安定したおかげで後の作業効率が段違い!
さあ張り切ってこの連休中に完成させるものは次の通り。

①猫トイレカバー②サイドテーブル③?????④玄関モザイク壁

となります。

①猫トイレカバー

さあ、玄関のトイレを見えなくする計画始動です。

この後なかなかの長期テーマとなる「トイレ見えない化計画」

ここから始まったんですね。

でまずはトイレをのせる台のイメージで作ってみました。するとがんもとそぼろが遊びに来ました。

 

でも・・・こうじゃないらしい。

 

ここにねこの代わりにシステムトイレを乗っけるイメージだったんですがそれだとまったく見えるじゃんとHACHIの指摘が。

 

うん、まあ。

 

てことでやり直してこういうこと?

正面から見るとこう。

玄関のイメージを崩さないように作ったけどコレはオッケー出ました。

ほんとはこの下段にペットシーツとかの在庫を置く予定だったんだけどなんだかここでいつもおしっこしたがる子がいるんだよね。

だから残念ながらここもトイレになってます。まあ後日更に改良されるんだけどね。

GWでDIY:DAY3 サイドテーブルとHACHIのトイレカバー。

三日も続けてDIYやってていいなんてちょっともう意味が分からないです。

これはウチの裏山です。
自然あふれるところで暮らしてると心が穏やかになるとかならないとか。
少なくともサービス業やってる時と比べて格段に優しくなれました。
連休中に働いてくれた皆様、ありがとうございます。

②サイドテーブル

さあ、ここからHACHIも加わってのDIY。HACHIはトイレカバーYUCHIはサイドテーブルの作成です。サイドテーブルは前に作ったパソコンラックに合わせる形で使い勝手をよりよくする為に作ります。
 
実はこないだカインズに行った時にすごくいい板を見つけたんです。
それ使ってテーブル作りたいなーと思いまして。
 
まずは脚作りから。
 
2×4で枠を組んで今回は机+インテリアパネルをつけたかったのでサイズにちょっと苦労しました。
設計図を何度も書き直し、サイズ感やバランスを調整して更にブライワックスでオイルフィニッシュにしました。
 
が、
 
「写真撮ってない」
 
はい。最近は途中経過も含め工程ごとに写真を撮る癖をつけていたのですが・・・
HACHIの写真ばっかとってて自分のものは完成品しかとってないのです。
 
どんまいYUCHI。
で完成したのがこちら。
ここで仕事するときにPOPなカラーがテンション上げてみたり
パソコンやってそのまま椅子回して書類作業がスムーズに。
裏はねこたちが日向ぼっこできるようにキャットステップ付き。
早速ごましおとがんもが見学に来ました。
この後さらに改良が加えられますがなかかなの出来上がりです。

GWでDIY:DAY? モザイクってなんかアレよね。

GWで作るメニュー・・・いつの間にか④まできてますねー

③を見かけないけどまあ気にしないってことで。

④玄関モザイク壁 

はい。なかなか思うようにはいかないものです。
 
GWに作るものリスト・・・みてないみてない。
てことでいよいよ最後の課題、玄関のモザイクへとりかかります。
 
一度モザイク壁やってみたかったんです。
これうまくいったら次はヘリンボーンテーブルも狙ってます。
こんな白地の玄関の壁です。よく見るとすでに最下段にパネルを二枚ほど貼ってます。
全部モザイクで貼っていくとちょっとめんどくさいなあってなりまして。
 
この次に12㎜幅の野地板をオレンジに塗って腰くらいまで積んでいきます。
ここはうちら基本横着なので帰ってきてカバンとか上着とかかけられるように棚付けてハンガーを設置しました。
 
でそこからようやくモザイク開始です。
材料はこれまたがんちゃんハウスの解体されたすのこ。もともといろんな色だったりステインだったり焼いたりさらにはかびてたり・・・
 
それらを一枚づつサンディング、塗装して何十枚も用意しました。
はい、とっても時間かかりました。ランダムになるように塗装も何種類か用意して色合いでグループ分け。
 
更に色のバランスを見ながら下から順に積んでいって接着剤で仮止め。
右端の部分は木材をあてながらその場でカット。そしてまた接着。
そんなこんなで扉の所まで頑張って積み上げてその上はまたキャットウォークを作成。
 
でようやく完成したのがこれ。
収納フックとかバーとかつけて
最終的にはすのこが反りまくりだったので仕方なくネジ止め。
どうでしょうか。
色合いやバランスなどけっこう思い通りになったんじゃないかと自画自賛です。
 
この連休で作ったものはなかなかのボリュームだったと思います。

きょうのにゃんこ

わんこです、つくねさん。

ししとうとみりんの兄妹

ま~って鳴くささみさん。

 


ペット・動物との暮らしランキング

第8話 初めてのDIY HACHI。

今回はちょっと番外編。

GWにYUCHIが作業机を作っている傍らで、初めてHACHIが1人でDIY

ねこのトイレカバーを作りました。その模様を今回は特別にお届けします。

 

ここからDIY女子を目指すのか?

 

きょうのお題

ねこのトイレカバーを作ってみよう。

材料:余っていたすのこ(がんちゃんハウスの残骸)、野地板9㎜幅の端材

1.バーナーであぶる!

今回は前にバラしたがんちゃんハウスのすのこを再利用します。まずは長いこと雨ざらしになっていたのでバーナーで軽く炙っていきます。湿ってたりカビてたりする部分も焼いてしまえばいいかなって。

2.サイズを測る。

寸法を測ってマーキング。

大体の完成図を伝えたらあとは好きなサイズにしてって伝えたら色々考えながら測ってました。

 

このマーキングなんですがいまいちピンとこないのかかなり悩んでいたみたいです。

 

例えば60㎝のすのこに両サイドまたすのこを張り付けるとくっつけたすのこの厚み分の幅が広がりますよね。

サイドのすのこが1.5㎝だとすると全幅は1.5+60+1.5で63㎝になるじゃないですか。

この辺が普段考えたことがないからピンとこないみたいで何度かやり直してましたね。

 

それでも後から聞くと学生の頃の技術の時間はすぐに先生がああしたほうがいい、こうしなさいって指示出してきたらしく全然つまらない。

でもこれは好き勝手に作っていいっていうので自分で作ってるー感が高まって楽しかったみたいです。

 

3.切る!

切っていきます。

 

さっきの工程でしっかりと図形を考えつつマーキングしたのでここでは正確に進められたようです。今回は自分一人で全部つくるのでシャークソーで切ってもらいました。すのこなんで細くてサクサク切れます。

4.悩む…

いざ組み立てようと合わせてみたらイマイチ上手く合わない…

色々考えながら悩んでたんで出来るだけ放置しました。

 

工程2でも書いたようになかなかサイズのイメージがつかめないようです。

これってやっぱり慣れないとわからないもんなんですかね。

 

実際本職の大工さんからみると自分もあちゃーってなるんでしょうね。

5.組立。

いよいよ組み立て。電動ドライバーで組み立てていきます。

こうやってカタチが出来上がってくるところがDIYで一番好きなところなんですが。

 

なんか見てて楽しそうです。

6.やっぱり塗ることに。

 もともと色が残っていたパーツを選んだのですがせっかくなので塗りなおすことにしました。

カラーも好きに選んでもらってます。

基本色塗りするときはこのパントンカラーズを使ってます。

値段の割に発色が良く比較的伸びもいいので常に何色かストックしてます。

今回はダージリンブルーとトマトピューレを選んだみたいです。

7.天板もつけて仕上げまで。

トイレを見えする目的なのでガンタッカーで内側にカーテンをつけていきます。

天井もゆったりくつろげるよう高めに設定しておいて野地板を使って取り付けました。

8.完成!

初めてHACHIが一人で作ったトイレカバー。

本人のイメージがどんなで仕上がりをどうしようとしてたのかはわかりませんが横で見ててなんだか嬉しくなってました。

 学校で作った時は先生があれこれ言って全然自分で作った感覚がなくすごくつまらなかったのにこれはなんか楽しかったとの事。

まさにDIYで楽しんでくれてよかった。

 

きょうのにゃんこ

トイレカバーの上のごましお&そぼろ兄弟。

ささみさん

 沼津港近くの公園にいたのらねこ。

 

ペット・動物との暮らしランキング

 

第7話 トイレを見えなくする話

あっつい夏。

 
いかがお過ごしでしょうか?
 
こう暑いと板にサンダーかけてるだけで
 
ぼたぼたぼたぼたと汗がなだれ落ちてゆきます。
 
なので作業がなかなか進みません。(言い訳)
 
はい。先のGWでなかなか気合の入った
 
ワークショップができたと思っておりますが・・・

今回のこちらは天板にもけっこう立派な板を使っております。

パソコンデスクとL字でつなげてそのまま書き物ができるようになってます。

ごましおさん(手前)とがんもさん(奥)もやる気でスタンバイ。
 
インスタ画像にもちょっと映える出来になったかと思うのですが・・・

HACHIからあるツッコミが

これもダメ
これもダメ
これもダメ
これは論外・・・
トイレを写すな!
・・・はい。
なんかまえも言われたような
 
たしかにトイレを映すとあまり「映え」ない。
てことでトイレが見えないようにカバーを作る事になりました。

 

きょうのお題目

トイレのカバー、目隠しを作る!

先週はお盆という

夢のような毎日がありました。
 
朝起きて
散歩して
ごはん食べて
木にサンダーかけて
色塗って
ごはん食べて
サッカーして
また散歩して
ごはん食べて・・・
 
みなさん、体重大丈夫ですか?
 
盆と正月。これがなければ…なんて言ってもはじまりませんね。
 
いつものことですしね。
 
て事で少しでもウェイトを減らすべくクソ暑い最中、頑張ってサンダーかけてます。
トイレを見えなくする計画。何をするにもまずは

工程1:材料の下地処理。

・野地板のサンダーがけ
・塗装
 
DIYをはじめて思うのが材料にお金をかけるか?作業に時間をかけるか?これにつきます。

野地板とは・・・

YUCHIは主にカインズで9㎜、12㎜をメインでストックしてあります。

表面はバリだらけ、湿ってたり反ってたりするのもありますが・・・

 

安いんです。

 

これをホワイトウッドにしたら大体2倍杉板などにすると3~5倍くらい一気にコストが上がります。なのでやはりサンダー掛け、表面処理は必須の作業となります。 

左が何もしていない野地板。右がサンダー処理。同じ結束の束なんでやっぱり差がすごいですよね。ということで
 
汗をだくだくかきながら表面処理~塗装まで

工程2:組み立て

それで今回完成したのがこちら。

製作途中に画像を取っていなかったのでコメントだけですが。下段となるすのこにキャスターをつけます。次に柱を四本立ててそれにカバーとなる横板を張り付けていきました。で最後に取っ手をつけて表面保護に艶消しのアクリルスプレーを吹いて完成。

ポイントとしてチップが落ちるからあえて底板はすのこ。

取っ手もちょっとこだわって

トイレ2つがちょうど収まる感じ。

この棚の下段にすっぽり収まるサイズでBOXを二個作成。

こちらの下段は通常のトイレが三個入るサイズで作成。これでこの上の棚にあったトイレはすべてBOXに収まるようになりました。こんな感じです。

キャスター付きの引き出し型トイレカバーです。ついでにみんなのかりかりコンテナもここに収納。
 

工程3:棚を追加して収納力アップ。

あとは下段にトイレを移したので使い勝手と収納力をUPさせるために棚を一段追加しました。
これで最近ちょっとハマったマンガがスッキリ収まりました。

f:id:donkilovsurf:20190926003711j:plain

久々に大人買いした2シリーズ。「MONSTER」MONSTER1-18浦沢直樹
 
うしおととら」完全版20巻「うしおととら」完全版 1-20巻 藤田和日朗 著
やっぱりトイレが見えないといろいろスッキリしますね。
 
棚もいい感じの色合いでありかなと。カラフルな家具ってテンション上がりませんか?アンティークとPOPの組み合わせが一番好きなんです。
 
さあ、あと少しです。
 

工程4:玄関のトイレカバー

玄関のトイレカバーもなかなかお気に入りなんですが…
 
この下段。この隙間の下でがんもがいつもおしっこするんですよね…でもなぜかシートの上でシートの外に向かってするんです。だからいつもシートの下がびたびた。なので塞いじゃいました。
 
 
ここは玄関全体の雰囲気でアンティーク調です。こんな感じです。
 

コレでトイレを隠すのはしばらくお休みです。でもさっきいろいろ画像検索してたらまたいろいろおしゃれなカバー見つけちゃったんです。次のタイミングで作ろうかと思ってます。

 

きょうのDIY講座

サンドペーパー:削る・磨く

使い方の基本

番手を選んで上手に使用する。ペーパーの番手は数字が小さいほど目が粗く大きくなるにつれて細かくなっていく。DIYでは主に80、120、240を使う。これも手間をかければかけるほど仕上がりが滑らかになりその分時間もかかることになる。YUCHIは80を使うこともあるがそのあとで240をかけるのが嫌い(めんどくさい)ので120で一発処理することが多いです。

コツ1:

端材などにペーパーを巻き付けてブロックとして使う。そうすることでより平らに素早く削ることができる。

コツ2:

表面を磨くときには木目に沿って動かす。溝を磨く時などはより細い木に張り付けて使うかペーパーを何度か折り曲げて使うとよい。

コツ3:

サンダーと呼ばれる道具は平らな板を素早くたくさん削るのに必須ともいえる電動工具です。DIYを楽しもうとおもったら必ずこれはあると便利です。ただ、思ったよりも大きな音がします。あと集じんノズルがついていてもかなりの木くずが舞い散ります。そのあたりもトラブルの原因となりますので使用の環境には十分気を使ってください。

きょうのにゃんこ

がんもはJ3アスルクラロ沼津を応援しています。
すず音も好きです。がんも

つくねはロープトイに親を殺されたかのようです。

 

 


ペット・動物との暮らしランキング

第6話 あたらしいトイレタワーを作ろう!

悲しいお知らせがあります。

 

先日、今年最後のあれが終わってしまいました。

【悲報】2019年3連休の終焉・・・

 

YUCHIのブログは2つあります。

今皆さんが読んでいるのが「DIY」のもの。

もう一つがブログの最後につけてる

こちらではただうちのかわいいねこたちを見てもらうためだけにでついでに沼津のおいしいものをちらっと紹介しているのですが・・・11月に入っておかげさまでアクセス数とかいい感じなんです。

でもこの2つのブログを時系列的にしっかりリンクさせたいのですがなかなかうまくいかずねこブログでは

 

「オペレーションおしっこタワー」

 

が完結したっていうのにこっちはまだ更新すらできていない。

ハンモックでくつろぐごましおと順番待ちのししとう

てことでさっきまとめてみました!

ファンブログの記事をHATENA版としてお引越しさせました!

www.yuchi-hachi.work

 

そしてこちらでも「オペレーションおしっこタワー」作成レポートを進めていこうと思います。

 

きょうのお題目

あたらしいトイレタワーを作ろう。

材料サイズ

・2×4ホワイトウッド130×4枚、44×8枚
→枠に使用
・1×4野地板120、90、85、80を各3枚
→棚板に使用(全て12ミリ幅)
・千本浜の流木

工程1:カット、サンディング

まずは棚板を受ける枠をつくります。
今回は中途半端に作った庭のウッドデッキの
再利用です。
なので一度きれいに表面をサンディング。
塗料も剥がした状態にしました。

工程2:塗装

でブライワックスでオイルフィニッシュ。コレも上手に使わないとコストがかかるのでうすーくのばしながら無駄にしないようにウェスで磨き込んでいきます。

 

仕上がりについてはたっぷり塗った方が当然深い仕上がりとなるのでその辺りはさじ加減をみながらやってみてください。

工程3:枠組立て

で今回ちょっと失敗したなと思ったのがこの工程。

いつもは平らな床と垂直の壁を使って組んでいくのですが新しいやり方としてグルーガンで先に仮止めしてそれからビス止めにしてみたところ…

 

もろに歪みました。

 

アレね、グルーガンが乾くとやっぱりそこに厚みが出るじゃないですか。それが逆に全体の垂直を歪ませてしまいまして。一度組み直してみたんですが横着の結果はやはり仕上がりに影響が出るという結果となり次回の反省点となりました。

 

工程4:棚板作成

・1×4野地板

これもまたサンディング、カットを3枚4セットつくりました。

この辺りから設計図無視のサイズにもなってきて良くも悪くもインテリアとしては今回納得のいっていない出来の原因です。サイズはデザインからちゃんとやる。でないと最後のバランスがカッコ悪いというのもよく分かりました。この辺りがいわゆる「センスがない」ってやつです。

で下処理の終わったものを塗装。同じオイルフィニッシュで作るのはインテリアとしてもう少しお洒落に仕上げた時。今回はあくまで実用トイレということなのでコスト、手間を考えてスチールウールで染めました。赤1枚はやはりアクセントと完全に趣味です。

工程5:組み立て

今回、枠を斜めにしたかったので上下をナナメカットにしてあるのですがコレを組むのは1人ではなかなかしんどい。
 
いろいろ試してみましたがすぐに滑って倒れてくる始末。
 
なのでここはHACHIに手伝ってもらいました。今後は横にして1枚を固定、そこから立ち上げて全体を組むという方法を考えていかないと最終組み立てが失敗する可能性が出てくるので何かまた作って試してみます。

最下段…

2段目…

上段…

全体です。やはりこの状態でみるとバランス悪い…ナナメにするなら棚板は150くらいは必要。おそらく180のフルサイズくらいでようやくいいバランスになるんだろうなと。そうでなければ垂直のが良い。

 

コレは反省が必要でした。

完成

でまあ、ここからは完全アソビ。

バランスの悪さを誤魔化すのとトイレを置いたときに見映えをよくするあくまでねこという被写体がいてそれを可愛く魅せる為の道具という側面は外せないので横をカバー、さらにキャットステップを配置する事であちこちからねこが寄ってくるように全体配置。

で最上段は安定のハンモック仕様。ハンモックがあればねこはイチコロです。

f:id:donkilovsurf:20191106175058j:plain

ほら。

 

きょうのDIY講座

 

墨つぼ:長い直線を引く道具

工具説明:直線を引く、長さをそろえる

引用元:決定版 DIY基本テクニック百科 (暮らしの実用シリーズ)

使い方の基本

かるこを刺す

つぼ糸の先に「かるこ」と呼ばれる針がついておりこれを墨付けしたい始点に刺す。

糸を引っ張って弾く

本体を引いて糸を伸ばししっかりと押さえる。その状態で糸を真上に引っ張ってから弾く。

墨付け完了

あっという間に墨付け(線引き)が完了。長い距離に墨線を引きたいときには本当に便利との事。はい、これ今読んで初めてどんなものか知りました。

早速購入したいと思います。

 

きょうのにゃんこ

ねてるだけのがんも

ごましお

そらまめ

 


ペット・動物との暮らしランキング

 

第5話 サーフボードラックのあこがれ。

ビッグウェンズデー

ベンチャーズ

ハワイファイブオー…

 

私このあたりのサーフカルチャーにあこがれて若いころにサーフィンはじめましてインテリアやファッション、スタイルに至るまでこってた時代もありました。

パイプライン

パイプライン

  • provided courtesy of iTunes

とにかくテケテケ!高校の時に初めて買ったギターでバンドとかやってましたが実はウチでこっそりパイプラインばかり弾いてました。

これはブライアンセッツァーオーケストラのバージョンが一番好きです。

 

ということでこんにちは、YUCHIです。

一応サーフィン歴は20年以上ありますがここ2年くらいまた乗ってません。

今回もちょっとねこたちとは直接関係ないのですがウチを買ったら絶対やりたかったインテリアということで紹介します。

 

サーファーなら絶対やりたいはずのあれです。

 

 

きょうのお題目

サーフボードラック:壁掛け

これアマゾンなんかで買うとまあそんなに高くないものがあります。でもあの金属感とスポンジが嫌なんです。やっぱり木の感じがいいんです。

ツインフィンのフィッシュボードが好きなんで。

でもやっぱり既製品はある程度安全で落ちないように設計されてるはずなんでいろんな

商品を検索してデザインを決めました。

材料サイズ

・1×8ホワイトウッド 18×57 2枚

・1×4ホワイトウッド 9×98 5枚 9×128 2枚

 当時まだDIY初心者。とりあえずななめに切る、三角に切るといった工程が非常に手間がかかっていて仕上がりも今見ると笑えますがそれでもあれから数年、壊れずボードも一度も落ちていないのできねんのいみ記念の意味も含めてそのままで残ってます。

1:ラック部分を作る。

この▼部分が当時の難関。丸ノコでは切り落としちゃうんでドリルで穴をあけてジグソーで切った記憶があります。そのあとはひたすらやすりで整形しました。

2:フレーム部分を作る。

この辺りは一貫して同じデザインでコンセプトを統一しようとしています。縦の128の板を取り付けた後、横板をねじ込んでいきました。当時はまだ作業も時間がかかっていたためホワイトウッドの表面をすべてサンダー掛けするという工程をさぼっています。工具がブラックデッカーのミニマウスサンダーしかなくて替えのペーパーが近所のカインズに売っていなかったという衝撃の事実が判明したので皆さんも工具を選ぶときに消耗品が近所で手に入るかといったことも気にしておくと自分みたいにハマりません。

3:塗装する。

作業工程が前後してますが1、2の組み立てをする前に塗装してます。塗装といっても今回は焼き入れにしてみました。シングルバーナーであぶって焦がして木目を強調、タオルでひたすらこすってススを落とすという流れです。これもほんとはブライワックスやワトコオイルなんかで仕上げたかったのですがなんせまだ素人、道具もそろえながらやっていたので何気にコストがかかるんです。なのでけっこうそこをごまかすために焼き入れ仕上げが多かったですね。でもこの色合いもなんだかんだ好きです。

4:完成!サーフボードラック

フィンがベースから砕けちゃって水すってべこべこになった10年以上使ったツインフィン。捨てられない想い出としてここにかかってます。

HACHIからは何度も「絶対落ちてこないよね」と静岡県民ならではの地震対策を問われたラックですが個人的にはかなり気に入ってます。

 

きょうのDIY講座

ノミ:彫る、削る

ほぞ穴づくりや組手接合に。

工具説明

ノミは木材に穴を彫ったり削るときに使う道具。9,15,24㎜の3種類の叩きノミがあれば大抵の作業は間に合います。ただDIY初心者の自分含めてなかなか出番や使いどころが難しいと思われる道具の一つです。一応15㎜だけ持ってます。

使い方の基本

木目を断つときは強く叩く。

柄をしっかり握りかなづちで柄頭をまっすぐ叩くのが基本。目線は柄頭ではなく刃先を見て強く叩くのがコツ。

木目に沿うときは軽く叩く。

この場合は柄ではなく穂の部分に手を添えてノミを固定して叩く。

木材は必ず固定する。

なんでもそうですが必ず加工する木材を固定すること。クランプと端材などを使ってストッパーを作るなど固定がうまくできているかどうかで仕上がりからケガの防止まで大きく違います。しっかり固定しましょう。

きょうのにゃんこ

雪見

ごましお、そぼろ兄弟

がんも、そらまめ(奥)

みりん

 


ペット・動物との暮らしランキング

第4話 作ったもの回想記:BARカウンターのきおく

YUCHIはお酒が飲めません。

なのに若いころバーテンをやっていました。

ただお酒のデザインが好きなんです。

なのでおうちのキャットウォークのあちこちにボトルが利用されています。

ということで今回は過去に作ったBARカウンターを紹介したいと思います。ただね、もうないんですよね、BARカウンター。解体して部品取りに使っちゃったんですがけっこう思い入れあったんです。

 

きょうのお題目。 

BARカウンター回想記

この頃はこういったバーカウンターにあこがれてたんです。でもまだDIYの経験もなくただ自分で作りたいなーと思ってとりあえず作ってみました。

材料

・カインズで買った押入れすのこ

・1×4ホワイトウッド

・2×2ホワイトウッド

・160×33の桜の板

・欅の端材

正直言ってまだまだ駆けだしDIYer。ネットを調べてすのこが簡単ということで早速カインズに行って買ってきました。コレを切って4つあわせて脚になる土台を組み、補強に1×2を4本入れました。

 

上段のラックも同じようにすのこを組み合わせて枠を組み、前面には1×4のホワイトウッドを使ってます。

天板

でもBARカウンターってやっぱり天板がオシャレじゃなきゃって事でコレは普段買わないちゃんとした銘木にしました。

コレも清水町にある

で立派な木材コーナーがあるんですよね。だからココにいってあれこれ見てきましたよ。で選んだのがこの板。

f:id:donkilovsurf:20191101125538j:plain

今は再利用されてベンチの天板になってますが当時は選び抜かれた桜の板でした。(多分…)でまたいろいろ考えながら あーでもない こーでもないってやって… ついに完成したものが…

完成

f:id:donkilovsurf:20191101125954j:plain

こちらです。天板に直接欅のカッティングボードをつけてオードブルなんか直接のっけたりして。ものすごく個人的には気に入ってたんですがやっぱりこういった自分が欲しいものが手に入るのがDIYの一番の楽しみなんだなって思います。ただ結局あまり使用されず、ねこのためのスペースとしてココも撤去されました。 

これを作るのに初めて背の高い脚を作ってみて安定感や高さのバランスに

相当悩んだ覚えがあります。 

でもとりあえず作ってみることは大事だなと。周りの評価はおいといてとりあえず「おーすげ〜」 ってなりますよ。

 

上段のラックは今ではつくねさんの部屋でがじがじやられてます。

 

きょうのDIY講座

継ぐ、うつ、叩く:かなづち

基礎の基礎といえる道具。先端の鉄の頭はまったいらになっているほうが平(ひら)凸面になっているのが木殺しと呼ばれ釘打ちの最後はこの凸面をうまく使って材料に傷をつけないようにする。

実はかなづちをうまく使えるようになると力加減や体の重心位置などがわかるようになり他のDIY道具を扱うのが上達する・・・らしい。

使い方の基本

握る位置は基本は柄の中央よりやや下のほう、小指、薬指、中指で握ると手首の自由が利き上手にうてる。使うときは足を前後に開いてやや前傾姿勢でうつ。そうすることで重心が前に乗り強い衝撃でかなづちを打つことができる。

あける:キリ

木材に穴をあけるための基本の道具。用途は主に二つあり、一つ目は貫通穴をあけること。もう一つはねじ締めやくぎ打ちを失敗しないように下穴をあけるときに使う。

使い方の基本

きりはまっすぐ立てて軸がぶれないように回して使う。この際に両手を使って柄を回すため木材は必ずクランプなどで固定すること。

開けたい穴によって異なる刃先を使うが主に使うのがねじの下穴などの穴あけに使うのが三つ目ギリ、釘の下穴には四つ目ギリを使うとよい。

きょうのにゃんこ

 

手前から…そらまめ、ごましお、そぼろ

もずく

雪見

 


ペット・動物との暮らしランキング

第3話 欲しいサイズがない!じゃあテーブル作ろう!

ねこといぬの為のアイテムも大事なんだけど

肝心のウチらの生活もなかなか必要なのよね。

f:id:donkilovsurf:20191021142558j:plain

 

って事で引っ越してしばらくは賃貸の時に使ってたものでいろいろ間に合わていたのですがせっかくのおうち。気に入った家具で暮らしたいじゃないですか。さっそく必要なものを探しに行きました。

… 

まずは、友達呼んだときのためにデッカいテーブルが欲しい。180cmくらいは必要だよね。

 

ソファーってなかなか気に入ったものないしすぐに爪とぎされてボロボロになるしそもそも高さとかサイズとか…

 

なんかここにBARカウンター欲しい!

f:id:donkilovsurf:20191021150425j:plain

うん、ネットで探すの楽しいよね。

でね、こだわると軽く中古車買えちゃうくらい

それなのにジャストサイズがないんですよね。

 

なので。

 

きょうのお題目

テーブルはデカいやつが。

今までは賃貸だったのであまり人を呼ぶ事は
なかったのですが…
 
でもありがたいことに猫見たいって言われるじゃん。そうするとうちのねこみてみてってなるじゃん。
 
という事で少なくとも4人分はいろいろ広げても大丈夫なテーブルでって探した時にホントにないんです。あるとすぐに10万超えちゃう。
 
あんた、ウチ買ったばかりの人達からどんだけ巻き上げるのって気分になるくらいの価格ばかり。
 
はじめはヘリンボーン柄で

f:id:donkilovsurf:20191021151817p:plain

デザインを考えていましたがなんかまだそこまで立体化できないような気がしてじゃあちょっと長方形じゃないデザインにしてみようと思って設計図を書いていきました。

 

DIYを始めるにあたって方眼ノートを買ってきてそれになんとなく適当に設計図らしきものを作るようにしてます。

材料・サイズ

今回の材料は…
のみで作ってます。
 
これちなみにブログ自体を完成後に書いているため画像がちょっと年季はいってます。ご了承ください。
 

天板をつくる。

まずは天板を作成しました。

1×4ホワイトウッド 61㎝ × 9㎝ × 21枚 用意しました。それらを丁寧に1枚づつサンダーがけ、塗装、接着という流れです。使用したカラーはこちら。

このパントンシリーズが発色よくて好きだったのですがカインズさんでPBなどの影響か売り場が少なくなってきて一番好きだったオレンジも廃盤になってしまいました。なので最近はカインズさんのPBで代用してます。

 
キホン塗装は筆塗りなんですが実はわたくし模型やの息子としてしかも自営業で7年ほど模型や~ラジコンや~サバゲやと営んでいた手前それなりに得意なんです。
 
で、やりました。21枚。裏表、面取りしてからのはけ塗装。これだけで5日程かかった気がします。
 
でそれらをきれいに並べて木工用ボンドでくっつけて裏からビス止め。この当時まだ道具もそろっていなくて今見るといろいろ雑。でも作った当時は相当いけてるって思ったものです。

あれから3年。まだ現役ですがそろそろ新しいデザインを作ってこいつはベランダのウッドデッキでBBQ用にリノベされる予定です。
 
天板のサイズ:188㎝ × 61㎝

脚はこれで。

机の脚はちょっとバージョンアップしてますが作成当時
2×4ホワイトウッド:35㎝ × 47㎝
で組まれております。
 
これも一番シンプルな形で組んでいて今でもずっとこれでいろいろ作ってます。組付けはダボとビス止めです。

いつもはそぼろさんの指定席なんですが今日はつくねが陣取ってます。

撮影してたらそらまめがよってきてフォーカスされました。ということでまだ現役の大型ローテーブルはこんな感じで作りました。

きょうのDIY講座

最近このシャークソーにかえてます。

のこぎり:切る

主な用途は直線を切る。のこぎりには横びきと縦びきがあるが横びきは木目に対して

垂直に切るときに、縦びきは木材を縦に切るときに使います。

初めの一本は替え刃式の横びきがおすすめです。

使い方の基本

直線を切る

線に合わせて指を置き、その指にノコ刃をあてる。そして軽く寝かせ気味にひいて

初めの「ノコ道」を作る。そこから刃が傾かないよう注意しながら引いていく。そして徐々に刃を立てていきます。切終わりになったらゆっくりと丁寧に。

まっすぐ切るために

目線は刃の真上に置き切り初めに注意する。また両端を台に乗せて切ると途中で木材が刃を挟んでしまうため片方は必ずフリーにしておきましょう。

のこぎりの歯は全体を使って大きなストロークで切ることでブレが少なくなりまっすぐに切ることができるようになります。

 

きょうのにゃんこ

テーブル撮影中に割り込んできた「そらまめ」さん♀です。おしりが臭いのがチャームポイントです。ぜひ皆さんも嗅ぎにきてください。

颯爽と歩くそらまめさん。

白いのが雪見とだいふく、白黒がごましお、あとはみりん。

 


ペット・動物との暮らしランキング

第2話 トイレ DE リニューアル

 世の中にはいろいろなトイレの形があります。ただ、トイレってあまりデザインにこだわっている人って少なくないですか?

 飲食店に行ったときにおしゃれなトイレはいいなって思いますがそもそもきれいでなければNGだし…

 

てことで、こんにちは@YUCHIです。

実は夏ころからずっとトイレのデザインのイメージを持ってたんですが

なかなか時間がなくちょっと後回しにしてたんですよね。

そもそもねこ関係ないんですよこれ。

なんかね、ふと作りたくなったものなんです。 

それがこちら!

 

トイレ DE リニューアル

 そうなんです。わが家の二階トイレなんです。

 

 トイレットペーパーとか皆さんどこにおいてますか?

うちは今まで窓枠に積んだり、突っ張り棚つけて置いたりしてたんですが最近ちょっと横着してて袋のまま床に置いてあったんですよね。

 

 そしたらね、するんです。

 

おしっこテロリスト。袋の中におしっこはいっちゃうともう最悪。

 

あと扉開けて中に忍び込んだ奴が落とすんです。

するとヒャッハーしてトイレの中でロールがジャニーズのコンサート後のように・・・

 

てことでまずはどんなデザインにするかを考えました。

で思いついたのがこれ ☟

ちょっとわかりづらいかもしれませんが・・・ドンキーコングです

 

これでコングがマリオに向かって樽をころころ落とすじゃないですか。

もうこれしかないって感じで早速とりかかりました。

トイレットペーパーころころ

今回も思い付きの為、材料はあるものから全部まかなおうと思います。

てことでがんちゃんハウス解体後のすのこ、野地板、流木を集めてきました。

 

DIYをするときにはまず「何が目的か?」を頭に入れてデザインするようにしています。で、やっぱりいちばんはころころ。ここですよここ。

 

でその次に他に何の用途が必要か?最後に自分がおしゃれと思えるデザインを思い描きながら作っていきました。それがこちらになります。

上の段からトイレットペーパーをころころすると下段まで落ちてきて手すりでストップ。ここの角度とドンキーコングのイメージから板は120㎜の野地板、流木は再度レール代わりで取り付け、空きスペースは後でサニタリーBOXと飾り棚をつけようと思ってこのような形になりました。

 

画像はすでに取付済みですが次にトイレの壁に取り付けるための場所を決めます。今回は直接コーススレッドでねじ込んでしまうので下地探しと呼ばれる工具を使ってあたりをつけます。

元の①の壁に下地探し②を使って③のように壁をべしべし叩いていきます。その際にからっぽな響いた音から石こうボードの向こうに梁がある固い音が聞こえてくるところがあるのでそこにハリの部分をぶすっとさしてみて固いものに当たればそこが梁。見えない部分であれば何か所か刺してみて梁の幅などを確認してからビス止めをするところに鉛筆でマーキングしていきます④。

そしたらあとは壁に取り付けていきます。今回はキャットウォークではないのであまり強度を重視していません。賃貸の方はこういうところもディアウォール等を使っていくことになりますね。

 

続いてサニタリーBOXを作っていきます。

サニタリーBOX

材料

今回もすべて裏にあった端材から作成してみます。すのこ、120㎜、90㎜野地板。

・120㎜×450㎜ 2枚

・55㎜×450㎜ 3枚

・55㎜×390㎜ 3枚

・55㎜×16㎜ 4枚

・115㎜×16㎜ 1枚

まず全てを切り出しました。

表面処理

次にサンダーでひたすら表面処理していきます。今まではずっと120のペーパーを使用していましたが今回は80も使ってみました。

サンダーはカインズのPB、クミモクのACサンダーです。 

このサンダーの工程をとばせると作業工程はものすごく楽で短くなるんですがやっぱり仕上がりが悪いです。のでここは大事!

塗装

塗装についても常に作ってあるスチールウールでエイジング塗装をしておきます。乾くまでちょっと嫌な臭いが充満します。なのでこれぬって乾くまでは大体お昼ご飯食べてます。

個人的にこの仕上がりがコストパフォーマンス含め非常に気に入っています。あとは表面保護でアクリルスプレーを吹いたりここからブライワックスを使うと非常に深みのある木目がでてここぞという仕上げにはそちらにします。ただ今回は組み立て後にアクリルスプレーで仕上げます。

組み立て

乾いたので上よりも更に深い色に仕上がっています。

グルーガンと木工用ボンドで前、後ろの板をくっつけておきます。

底板にグルーガンで仮止めした後しっかりと固定していきます。

BOX完成

先ほど固定した前後の板を取り付けてBOXの完成です。

その後またアクリルスプレーで全体のトーンを整えました。

取付

 ここまで来たらあと一息です。取付予定場所の寸法が一瞬合わなくてビビりましたが何とか想定内で収まりました。そこから流木をあしらっていきます。

ということでようやく完成となりました。

HACHIに自慢したところ

 

「ナプキンが見えるからそこに扉付けて、あとこれクサい・・・」

 

・・・はい。

 

女性目線がまだ足りないですね。今度つけます。

そぼろさんが遊びに来てました。ちょっとドキドキしましたが重量もクリアできたみたいです。

きょうのDIY講座

初めてのメジャー

 このメジャードンキの時からずっと使ってる10年選手です。

測る:メジャー

 今回はまんまですよね。幅が広いほうが使いやすいです。

特殊用途としてはねこが遊んでくれます(特に雪見とだいふく)

ツメをひっかけて測る

 材料の端にツメをひっかけてください。そのまま手前に引っ張ってきて測ります。これだと材料の厚みも含めた外寸になります。

ツメを押し付けて測る

 材料にツメを押し付けて測ります。引っ掛けるよりズレやすいのでしっかりと固定して測ってください。

きょうのつくね

今回はなんとなく思いついて作ったので興味ない方もいるかもしれませんが個人的には非常に気に入ってます。ただすのこ棚を使うとやはりすこしチープに見えるのでこの辺りをバランスを取りながらやってみようと思います。

散歩中、非常にお利口にしているつくねさん

実はこれでも拒否柴中です。

 

 


ペット・動物との暮らしランキング

第1話 うちらのかぞく。

どうも、YUCHIです。
 
これからうちのねこやいぬ、
 
あともっと快適にくらすためのDIYなんかを
 
記録していこうと思います

YUCHI&HACHI

はい。上にも書きましたが管理人のYUCHIです。昔は何とかホーテで管理職やバイヤーやってました。いまはちょっとした営業やりながらねこの生活向上委員会として主にキャットウォーク作ったりねこのための家具作ったりとにかくご家庭でねこが快適に過ごせるよう日々努力しています。
 
あとたまーに出てくる相方HACHI。あんまり詳しく書いたり写真を出すとあとでどえらい怒られるのでこそーり出します。どっかで機械オペレーターみたいな事やってるとかいないとか。勤続10年のベテランさんです。
 
今までいろいろなSNSでちょこちょこやってましたが…そろそろ収拾がつかなくなってきたのでとうとうはてなブログデビューしました(いまさら)ようはうちらをもっとみてもらいたいっていうあれですよ。
 
アレ。
 
いわゆる承認欲求ってやつです。
 *1
 
うちのかぞくをもって見てもらいたい。てか、かわいいってほめてください。素直に喜びます。

ねこ10匹

基本ねこです。
 

f:id:donkilovsurf:20191002020945j:plain

(手前からささみ、ししとう、もずく、ごましお)

 
主にねこです。
 

f:id:donkilovsurf:20191002024408j:plain
(手前からごましお、ししとう、ささみ

 

上から順に

 
ししとう♂、そらまめ♀、みりん♀ → 大渕のガレージうまれ
 
ささみ♂、もずく♀ → 川根本町のスーパーうまれ
 
ごましお♂、そぼろ♂ → 今泉の工場うまれ 
 
がんも♀ → 山崎の某ディスカウントうまれ 
 
雪見♀、だいふく♂ → 吉原のBARうまれ
 
の10ねこ。 

訳ありつくね

たまにつくねっていぬがいます。 

f:id:donkilovsurf:20191002021419j:plain

このこは裾野にある某有名ブリーダー出身の血統書付きの由緒正しい家柄です。そこでたまたま知り合いの同級生が働いていて、脚が悪かったり何かしら訳あり豆しばの里親を募集していたんです。たまたまタイミングが合ってすごい偶然からおうちに迎えたこです。右の後ろ脚がよろしくないです。でも全然そんなことを感じさせない走りっぷりを見せてくれます。今後つくねドッグラン公開予定です。

 

どうしてそんなにいるの?

まだHACHIと付き合ってる頃からずっとねこ飼いたいねーって言ってました。

その頃はまだ仕事の関係でペット不可のレオパレスに住んでたので。

 

ただ組織変更のからみである時ペット可物件に引っ越すことができて今がチャーンス!てことで本格的に里親募集とか知り合いのこねこ拾ったとかを探してまして…そんな折に初めての出会いがあったのでした。

 

それがししそらみりんの兄妹でした。そのあといろいろありまして気がついたらあれよあれよと増えていきまして、遂にねこたちの為に自宅を買うことになりました!そんな経緯でこのブログがはじまって、ねこのためのDIYがすすみ、ねこの生活向上委員会が発足する運びとなったのでした。

 

きょうのDIY講座

ということでこれからねこのことを紹介するのにあたって趣味のDIYとそのまま生活のための家具作りを皆様にお伝えするためにまた改めて自分の基本技術の向上もあわせて毎回一つずつDIY講座を開いていこうとおもいます。

 

今回の講座はこちら。

初めてのさしがね

 

基本的にはこれを教本にしていきます。ただですね・・・わたし左利きなんです。なのでいろいろアドバイスがおかしかったりすることもありますのでそのあたりはご理解ください。

愛用のさしがねとがんも。

「 測る:さしがね」

木工の第一歩は正確な計測から・・・主な用途は寸法を測る、線を引く、直角を測る。L字の長いほうが長手、短いほうが妻手、線は基本妻手の外側を使って引きます。

「使い方の基本」

さしがねは長手側を持つのが基本、そして親指を添えて持つ。角を合わせて測ったり線を引いたりするんですがその際には必ず長手を木材の端に引っ掛けて使ってください。はい、ここ重要です。はじめ自分も普通に引っ掛けずに線引いてました。そして滑って曲がった線を何本も材料にかいてました。

「垂直な線を引く」

まず鉛筆で印をつけます。鉛筆はできるだけ印をつけたままさしがねを板の端に引っ掛けてから鉛筆に押し当て一気に線を引いてください。そのまま平行にずらして平行線も。その際には必ず外側で引いてください。

「45度の線を引く」

長手と妻手の目盛りが同じところ、例えば10㎝と10㎝であてればこれが45度の線になります。

「曲線を引く」

まずは曲線を引きたいところの始点と終点に印をつけます。そして印に合わせてさしがねを湾曲させます。その線に沿って線を引いてください・・・ん?さしがね両手で持って・・・まげて・・・線を引く・・・手ーさんぼん?「線を引くのは誰かに手伝ってもらう」おいっ!おらんわ、そんなん。

一人でやるときは釘で固定するといいだそうです。

「直角を調べる」

 あてるだけで簡単にわかる!

・・・うん、まあ。

終わりに

うちで暮らしてるねこたちが少しでも幸せにすごせたら
 
それがうちらにとっての幸せです。
 
 
これからもYUCHI&HACHI
保護&のらねこの10ひきと訳あり豆しば つくね
総勢2ひと + 10ねこ + 1いぬ の 13人家族でお送りします。
 
よろしくお付き合いください。
 

*1:(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E8%AA%8D%E6%AC%B2%E6%B1%82

第0話 プライバシーポリシーについて

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.netAmazonアソシエイトバリューコマースiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるYUCHIが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。