ねことつくねとDIY。

総勢14匹のねことつくねの日常、DIYと映画。

映画18話 進撃の巨人ざむーびー。

さいきんまたいろいろ観ています。

プライムビデオはう〇こをたくさんおススメしてくれて好きです。

ここ一番のう〇こはこれ。

なんだかよくわからない薬が公園に流されて数年後セミが巨大化。

そして人間を襲うという何のひねりもなくありきたりのB級パニック映画。

セミの映像もチープ、

サウスパーク好きなのか?なイメージのまさにう〇こ映画の名にふさわしいものでした。

 

そうして少しB級映画に疲れていたYUCHIは良質のB級を求め改めてこれに手を出したのでした。

 

タイトル:進撃の巨人ざむーびー。

アニメをシーズン5まで一気見しました。

。。。残念ながら完結しなかったのでちょっとイラっときましたが。

 

そんな時に『まもなく見放題が終了する作品』としてこれが紹介されました。

たいたん1:あたっくおぶ。

2015年劇場公開作品。

今は亡き方々が出演されている当時の話題作です。

原作で話題、

映画化で話題、

キャストで話題、

炎上で話題のグランドスラムです。

当時レンタルしてみましたが正直内容を覚えていなかったので改めてみた感想は

『そこまでひどいか?』

たいたん2:まだ原作が全然の時代に。

どうやら原作者の諫山創さんからのいくつかの要望の中に

・エレンのキャラ設定

・立体起動装置の扱い

・映画で完結してほしい

などがあったようです。

movies.yahoo.co.jp

Yahoo!映画のレビューを見る限り人気作品の実写化ということで全く別物という低評価が多いですね。

でもバイオハザードは第一作からゲームバイオとは全くの別物。

キャラ設定だけ流用というかんじだったのでこれはハリウッド版なんだという認識で観ました。

確かにミカサ?とかジャン?とかありましたがハンジ=石原さとみはずば抜けてよかったです。

たいたん3:巨人がすごい。

と思います。

予算が、評価が、って言われてますがものすごく出来がいいと思います。

不格好、きもい、独特の動きがすべて原作通りに表現されている気がします。

それも一体一体の巨人にしっかり個性が反映されていて。

エレン、ヨロイ、超巨大などもかなりの再現度だと思います。

個人的には評価高いです。

たいたん4:映画として。

前編はそこまでではないと思います。

まあ、ここで終わりかいってつっこみましたが。

後編は原作者の意向が入ってしまうとああいう設定もハリウッド解釈だなって思いました。

てかまんまバイオな気もしますが。

 

結論エレンが、ミカサが、リヴァイがっていう原作忠実ファンの否定意見が強くてこの評価ではないかと思ったのですがどうでしょう?

 

セミマゲドン』を最後まで観られるYUCHIだからこその評価なのか。

 

進撃の巨人と思わずに観てみてください。

 

 

 

 


ペット・動物との暮らしランキング

YUCHI DIY. YouTubeチャンネル開設しました。

YUCHI DIY. YouTubeチャンネル開設しました。